暁千星バウ初主演の『AーEN』可愛らしさと初々しさで魅力爆発!

暁千星の魅力 宝塚歌劇団

『A-EN』は、2015年8月29日から9月7日まで宝塚バウホールで上演された作品です。

月組の朝美絢と暁千星さんがW主演を勤めた作品で、暁千星さんにとってははじめてのバウ主演でした。

まだ、研3だった初々しい暁千星さんが観ることができるこの作品は、タカラヅカスカイステージで見ることができます。


今回はその暁千星さんバウ主演の『A-EN』のレビューをお伝えします。

ネタバレはありませんので安心して最後までお読みください。

暁千星の初々しい可愛らしさが爆発!

可愛さ爆発

私がこの作品の存在を知ったのは、宝塚大劇場に雪組公演を観に行った時の事でした。

私にとってはかなり久しぶりの大劇場での観劇で、当然宝塚歌劇団の生徒にもあまり詳しくなく、『A-EN』のポスターを見ても誰が誰だかさっぱりわかりませんでした。

ポスターは大劇場のホールはもちろん、村の中のカフェなどにも貼られていて、とても目に付きました。

最初の印象は一言「イカついな、この子」と言うものでした。

つまりこれが私と暁千星さんとの出会いだったのです!

私の宝塚歌劇団の生徒の印象と言えば、涼風真世や天海祐希あたりで止まってしまっていたので、かなり久しぶりに見た宝塚の生徒はとってもイマドキっぽくてびっくりしました。

「まぁ、観る事はないだろうな」と思っていたのですが、その後タカラヅカスカイステージで観ることになったのです。

ジャニーズ並みのルックスの良さにびっくり!

この『A-EN』と言う作品は、先ほどもお伝えしたように朝美絢さんと暁千星さんのW主演で上演されました。

本来ならば1人で1カ月間主演を勤め上げるところを、半月ずつ主役を演じると言うスタイルでした。

まずは朝美絢さんチームが上演し、その千秋楽には次にバトンを受け取る暁千星さんがチラッと出演すると言うおまけ付き。その翌日から暁千星さんチームが『A-EN』を上演したのです。

月組斬ってのイケメン新人スターのW主演と言うことで、話題性も充分。ずっと以前から朝美絢さんと暁千星さんのファンには待ちに待った公園だったんだと思いますよ。

とにかくめっちゃ初々しい暁千星さんが出演しているので「最近アリにハマった!」と言う方にはぜひ観てもらいたい作品です。

全く違う2つの『A-EN』は見所満載!

2つの魅力

この公演の面白いところは、W主演といっても全く同じものを上演するのではなく、全く違うストーリーが観られるところです。

しかもそれぞれのキャラクターを生かした作品になっているので、朝美絢さんと暁千星さんの魅力が思う存分堪能できます。

ちょっとだけお二人の役どころを紹介すると、どちらの学生であることは共通なのですが、タイプは180度違います。

朝美絢さんはかっこいい人気者、それに反して暁千星さんはオタクのちょっとダサイ、でもめちゃめちゃかわいい役どころといったところです。

これ以上はネタバレになりますので、ぜひタカラヅカスカイステージでご覧ください。
(この作品はDVD化されていません)


若手だけの「パウ・ワークショップ」

この『A-EN』は、95期生から101期生たちの若い生徒ばかりで構成された作品です。

若手育成のために行われた「バウ・ワークショップ」で、まさに路線候補生がたくさん出演しています。

例えば朝美絢さんのチームでは、輝月ゆうま、夢菜瑠音が朝美絢の両脇を固めており、その他にも晴音アキ、叶羽時、紫乃小雪、風間柚乃、天紫珠李(敬称略)が出演しています。

一方暁千星さんのチームでは、2番手が蓮つかさ、3番手が英かおとが出演。さらに海乃美月、美園さくら、蘭尚樹、礼華はる(敬称略)がメンバーに加わっています。

当時はそれほど意識していませんでしたが、今こうやって見ると若きホープがいっぱい出演していたんですね。

まだ初々しい彼女たちを観るだけでも、十分に価値のある作品だと言えるでしょう。

バウ主演はトップスターへの重要な要素

重要なキー

トップスターになる大切な条件として、新人公演の主演とバウホールでの主演、さらに宝塚大劇場以外の東京や大阪での大きな劇場での主演があります。

つまり暁千星さんはすでに研4でバウ初主演を勤めているのでトップスターへの条件の1つをクリアしていることになりますね。

さらにその2年後、暁千星さんは『アルカディア』で、2回目のバウ初主演を勤めています。

もちろん新人公演での主演もしています。

2022年には東上(東京の大きな劇場で主演すること)が決まっていますので、期待のトップスター候補と言えるでしょう。

歴代バウ初主演の最年少は誰?

暁千星さんが研4でバウホールの初主演をしているわけですが、歴代の生徒の中で最年少初主演は誰だかご存知ですか?

歴代のバウ初主演で最年少だったのは、大和悠河さんです。

暁千星さんと同じくW主演の作品を研3で主演を務めています。あの天海祐希さんの研究4で初主演で最年少だった記録を更新されました。

ちなみに一路真輝さんも研3でバウ初主演されています。

トップスター会の登竜門となるバウ初主演を暁千星さんはどんな気持ちで演じていたのでしょうね。

まとめ

星組会の組替えが既に決定している暁千星さん。これでますますトップスターへと近づいているのだと確信しているのですが、ぜひ夢を実現していただきたいです。

今ではすっかり貫禄も出て、大人の男性も演じられるようになりましたが、それでもその可愛らしいルックスからまだまだ宝塚歌劇団のアイドルと言うイメージがありますよね。

ファンとしてはいつまでもその初々しさをキープしつつ、トップスターになって大きな羽根を背負い大階段から組子の1番最後に降りてきてもらいたいものです。

これからもたくさんの作品が観られることもとても楽しみですが、こうやってタカラヅカスカイステージで過去の作品を見るのもとても楽しいですよ。

『A-EN』は2022年1月22日と23日に放送があります。今回見逃した方にも、これからもタカラヅカスカイステージで見られる機会はあると思いますので、ご興味のある方は入会してみてはいかがでしょうか。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

宝塚歌劇団
miekoをフォローする
ヅカドットコム

コメント